そのダイエット法ではやっぱり限界!?繰り返すリバウンドに潜む罠

メリハリボディに憧れている女性は多いのではないでしょうか?新しく考案されたダイエット法や話題の断食を試してみたり。
ですが、いつもなんだかんだと振り返ってみるとリバウンドしてしまっていたりしていませんか?
そんな女性に関して、リバウンドを繰り返さない方法をご案内させていただきます。

なにはともあれ美しくなるために全力を尽くす女性は、自分の最終目標体型を、女優さんやモデルみたいな誰もがうらやむ女性に設定をして、日ごろよりダイエットに努力しています。
ダイエットを決意したとき、あなたはどんなイメージを持って励んでいますか?

ダイエットは「あの人みたいになりたい!」という願望ばかりか、「好きな人に可愛いと言ってもらいたい」「振り向いてもらえない彼を見返したい」「健康的になりたい」など、理由は人それぞれです。

それでは、それぞれ理由を胸にもった上で、今までどんなダイエットをしてきたか、思い返してみましょう。
あなたがリバウンドしてしまう原因はどこにあるのか、今回徹底解剖します。

食べてやせるダイエット

流行のグリーンスムージーやスーパーフード、テレビで噂になったヨーグルトやバナナで、置き換えダイエットをした経験はありませんか?やった経験のある人は、そのダイエット法はどのくらい続きましたか。

いずれの食べ物ダイエットでも、メリットやデメリットはありますが、最終的にダイエットに必要不可欠なのは「継続する力」です。
続かなかった人の、原因に想定されるのは、あなたがその食べ物を好きじゃなかった、味が良くても高くてお金の面で難しかった、途中で飽きてしまった、などではないでしょうか。

継続するためには、あなたのモチベーションを保つのと同時に、そのものの「飽きることがない美味しさ」もポイントです。

不味くては続かない美味しさ重視でダイエットとは?

そんなあなたに試してほしいのが、くみっきープロデュースのスムージーのマイブレイクレッドスムージー(My Break RED SMOOTHIE)。

スムージーと聞くと、1番にヘルシーでダイエット向きな「グリーンスムージー」が頭に浮かぶのではないでしょうか?実際にグリーンスムージーや青汁を飲んでみて、美味しくなくて続けられなかったり、味が苦手な人も多いようです。
今回そういった声をもとにして開発&発売されたマイブレイクレッドスムージー(My Break RED SMOOTHIE)は、子どもから大人まで、どの年代でも飲みやすい「バナナヨーグルト風味」になっています。飲んだ感じは、とろみがあるのでお腹にもたまりやすく、置き換えダイエットにもバッチリです。

また、甘さがあるのですが自然で、水に混ぜても美味しく飲めますが、牛乳や豆乳で割って飲んだり、ヨーグルトやグラノーラに混ぜてアレンジしても、また違った美味しさを実感でき、飽きることなく飲み続けることができます!

その上、美味しいだけじゃ終わらないのがマイブレイクレッドスムージーの魅力です。このスムージーには、食物発酵エキス、野菜や大豆、海藻、玄米などの酵素をたっぷり230種類も配合しているので、スムージー1杯で大事な栄養素をしっかり摂取することができますよ。更には、150億個の乳酸菌が含まれていたり、栄養価が美容やダイエットに最適と人気のスーパーフード「チアシード」も合わせて配合しているので、女性にとって嬉しいことだらけというわけです。
マイブレイクレッドスムージーは、初回通常6,980円のところ、WEB限定で約85%オフの980円コース(税抜)でお試しいただけます!
また、2回目以降も約30%オフの4,980円で届けてくれるお得プランです。

↑↑↑クリックで購入サイトへ移動します。↑↑↑

小包装で1箱30包入りなので、さっそく届いた日から1ヶ月間、続けることができますね。
くみっきープロデュースのスムージーで、美味しく気軽にダイエットをはじめましょう。

美味しさ重視なら、炭水化物(糖質)を抜いて好きなものを食べるのはNG?

すぐに効果やすく、体重も減っていくことで有名な「炭水化物抜きダイエット」ですが、一方で多くの罠が仕掛けられています。

そもそも、なぜ炭水化物を抜くと痩せるのかと言うと、炭水化物は糖質と食物繊維からできているので、純粋に糖質を減らすことで、痩せていくという仕組みになります。
引用:https://veramagazine.jp/article/low-carbohydrate-diets

ですが、炭水化物は主に食事の主食となるものなので、これまで当たり前のように食べていたものを減らすストレスは、人によってはかなり大きいものがあります。
また、炭水化物は身体に必要な成分がつまっており、不足してしまうと疲れやすくなったり、集中力が低下するなど、さまざまな支障もあります。
引用:https://microdiet.net/diet/000432.html

結婚式前に「集中的に短期間で痩せたい!」などの場合は即効性を考えると良いかもしれませんが、食べ物ダイエットで継続的に体型キープをしたいのなら、スムージーでの置き換えが無理すること無く続けることができますよ!

無理しないながらダイエット

ダイエットの中でもダイエット特有の苦痛を感じることのないのが特徴の「ながらダイエット」。
テレビを観ながら、歯磨きをしながらエクササイズやスクワットをしたり、ダイエットを“おまけ”の気持ちですることが出来るだけ、自分自身へのストレスは低く、また、ダイエットし始めるハードルも低のがこちらのダイエットのメリットです。

ながらダイエットは、合う人は負担なく痩せることができますが、合わない人においては3日坊主になりがちのプランになります。
従って、まずは自分がながらダイエットにうまくいくのかを考える必要があります。

ながらダイエットに向いている人は、1日のスケジュールの中で、家でノンビリする時間があって、時間に余裕を持てる人です。
基本家でごろごろテレビを観たり、ベッドでゆっくりしている間や歯磨きをしている時、料理を作っている時などに実践できるエクササイズなので、そうしたまとまった時間を確保することができるのかも重要な問題です。

一方で、向いていない人は、1日スケジュールがびっしりつまっている忙しい人です。
ストイックな人であれば、通勤中や仕事中でもできるながらダイエットもあるので、本気で痩せたいと思う人は挑戦してみる価値があるかもしれません。
ですが、スケジュールが埋まっている中で、プラスでエクササイズもとなると、身体を休める時間をとれない可能性があります。
自分自身、体調と相談をしながら考えてみてくださいね。

ファスティングダイエット

今、多くの芸能人が試しているダイエット法が「ファスティング(断食)」です。
ファスティングダイエットは、一定期間、食事は摂取せず、主に水や酵素ドリンク、スープのみで過ごして体内をデトックスする方法です。

余分なコレステロールが取り除かれることで、血液がサラサラになる上、新陳代謝が高まることによって、大腸の働きが活発化し、排便もスムーズになると言われています。
女性は冷え性・便秘の人が多いので、そうした悩みを抱えている人は、これを機に改善してみるのはぴったりかもしれません。

ファスティングダイエットのデメリットとしては、正しい知識を身につけてファスティングを行わないと、リバウンドをしてしまったり、倦怠感や頭痛・発熱などの症状が表れてくる場合があります。
引用:http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/001234/

とくにリバウンドに関しては、「数日断食をしたから、その我慢した分食べてもいいでしょ!」と思いがちです。
なにも体内に食事を取り込んでいない中で、断食が終わった後すぐに通常食に戻すと、消化が追いつかずに胃腸に負担をかけてしまいます。

なので、まずはファスティングが終了をしたら、回復食と言われるおかゆやうどん、まめ類、海藻類、発酵食品などを食べるようにしましょう。
引用:http://xn--b9jxa3i2dua6lxa4b2684gv67axmzf.jp/danjiki-kaihukusyoku-ng.html

水や酵素ドリンクでは満腹感が足りない人は?

実際、数日間水や酵素ドリンクでのファスティングを実施するとなると、個人差は見られますが、スタート初日はかなりの空腹感と戦うことが必要です。
険しい道のりを乗り越える覚悟がない人は、水や酵素ドリンクではなく、先ほどご紹介をしたマイブレイクレッドスムージーで、まずは1日だけ挑戦してみましょう。

マイブレイクレッドスムージーなら水や酵素と違いドロリとした飲み口で満腹感もあり、さらに味がしっかりついているので、無理なく続けられるのではないでしょうか。

ダイエット法以外で普段から気をつけるべきこと

ダイエット法以外にも普段の生活の中で落とし穴はたくさんあるので、最後に一度おさらいをしましょう。

まずひとつは、「無駄な間食をしないこと」です。
カロリーを気にするがゆえに、朝・昼・晩の食事量を減らして痩せた気分になっていても、どこかの時間で間食をしてしまったら、せっかくの努力が水の泡になってしまいますね。

普段から間食癖のある人で、どうしてもやめられない人は14~15時の間に食べることをおすすめします。
この時間帯は、体内に脂肪を溜め込むたんぱく質の分泌が1日のうち最も少ないので、食べるとしたらベストなタイミングです。

夜中にお腹がすいてつまんでしまう人がいますが、夜中の間食は脂肪として体内に溜まっていくだけです。
頭の中で食べたものがそのまま脂肪になっていってしまうイメージをして、次の日の朝ごはんを楽しみに、はやく寝ましょう!

ふたつめは、「睡眠」です。
実は正しく睡眠をとるだけで、カロリー消費ができることを知っていましたか?睡眠中は、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌され、しっかり眠ると1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれるそうです。
ただ寝るだけでカロリー消費ができるなんて、夢のようですよね。
遅くまで起きていると間食の誘惑があったり、体調も優れなくなっていく可能性があるので、日頃の睡眠時間を見直すのは、ダイエットをするしない関係なく、大事です。
引用:http://fytte.jp/news/health/1406/7_2.php

もうこれでリバウンドともお別れですね♪

あなたが今までに試してきたダイエットと、そのリバウンドの原因や継続する為のコツはしっかり復習できましたでしょうか。

食事ダイエット、ながらダイエット、ファスティングダイエットなど、軽い気持ちで挑戦できるダイエットですが、その代わりリバウンドの可能性も高いのです。
理想を言うなら、週に2回以上、定期的に運動をして新陳代謝を上げるのがベストですが、続けるのも努力とお金と時間、そして日頃の食事も見直しが必要になってきます。

できることからチェックして、健康的でキレイなスリムなボディを手に入れて、お友達やあこがれの彼などに自慢しちゃいましょう♪

↑↑↑クリックで購入サイトへ移動します。↑↑↑






コメントは受け付けていません。