ポツポツに…気分ダダ下がり!大人「ニキビ」が増えるNG習慣

ニキビは、いくつもの理由で発疹ができて、その上同時期に炎症をもたらす症状です。

ニキビと言ってもその症状は、思春期以降にできるニキビは吹き出物と言われています。

皮脂腺が多いといわれている顔や胸などによく出来ますが、その中でも顔は悩みも多い場所でもあります、思いつめてしまうこともままあるわけです。

ニキビのできる出来ないは体質によっても違いますが、わりと皮脂腺が活発である人はニキビができる割合が高く、ケアも求められます。

初夏や初秋の季節の変わる時が特にニキビのできやすい時期なのでケアも大切になってきます。

思春期のにきびはホルモンバランスの変化によるもので、年齢と共に自然に収まります。

成人以降にできるにきびは、ストレスや乱れた生活習慣、そして乾燥などが原因になったりします。

それから便秘が原因になる場合もあり、それは便秘のために毒素がたまってカラダの表面にまで及ぶからです。

顔ダニがニキビの要因になっているという説もありますが、ケアをきちんと行なっていれば、顔ダニは普通無害なので、むしろ顔の余分な皮脂を食べるというくらいで気にする必要はないでしょう。

ニキビはできてしまってからのケアを誤ると、逆に悪化したりニキビの跡が残ったりもするので、気をつけなければなりません。

ニキビのケアを誤ると色素沈着やデコボコしたクレーター状態になってしまいます。正しい方法でお肌をお手入れをして、生活習慣も乱さず、食生活にも気をつけていれば、肌は健康でニキビも出来ないでしょう。

ニキビのケアとやっぱり大切な食生活

ニキビに対処していきたいんだったら、食生活を振り返ってみたりすることも重要です。

ニキビを作ってしまうような食生活とは、どんなものでしょうか。

いつもの食事でニキビを作ってしまうことを防止するには、ニキビの要因となる皮脂を作り出さないような食べ物を食べることが大切です。

ニキビのケアで気をつけたい食生活では、ニキビの原因になる食べ物を食べ過ぎることも問題ですが、頭に入れておいてほしいことは健康なカラダを作るためには必要な栄養はきちんと摂取することが大事となります。結局はニキビに対処するためといっても、食事はバランスに配慮して、極端な偏りもないように気にかけることが第一です。

フライ物や天ぷら物などの油ものや、肉類などの動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を促します。肉類よりも魚、という選び方であるほど、ニキビ予防のためにはなるでしょう。

ごはんや麺類、パンといった炭水化物は、消化されることで糖分に分解され、それが油分へと変わって皮脂が作られることになります。炭水化物は主食でなので多く摂りがちですが、にきび予防のためには摂りすぎないように気をつけなければなりません。

甘い食べ物も消化作用によって糖分から油分に変わり脂肪や皮脂に変化しますので、取りすぎに注意しましょう。大人のニキビにつながるものに飲酒もあって、ニキビの原因でもある糖分を含んだ酒(ビールや日本酒など)は、皮脂の代謝に役立つビタミンB群を消費してしまうという難点も持っています。飲酒は過ぎると内臓へも負担をかけることになって、生活習慣も乱してしまい、お肌のストレスの原因となります。

即実践!ニキビ予防になる洗顔法とは・・

当たり前のことですが正しいスキンケアは、ニキビ予防に最も効果を発揮します。

顔に出てしまった余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれますので、ニキビを防ぐ上でとても有効です。

ニキビ予防の際の洗顔料は肌への刺激が少なく、余計な添加物がなるべくなら入っていないものが望ましいと言えます。ニキビをケアするなら洗顔料は弱酸性のものがよく、人間の肌がもともと弱酸性なため、弱酸性ならPH値を乱して肌にストレスを掛けることが無いからです。

洗顔するときは、お湯は33℃~37℃あたりのぬるめにし、先ずは肌を十分ぬらして洗いをします。このぬるま湯であることが効果を生み、あらかた汚れを落としながら毛穴を開かせ、しかも細かい汚れが落ちてニキビ予防になります。肌の潤いを失わないため、皮脂を落としすぎないためにも、お湯は熱すぎない方が良いんです。

この下洗いで、汚れはもう7割も落ちていて、また肌が乾燥する人は、もっとぬるいお湯を使っても構いません。

下洗いが済んだら洗顔料を使って洗いますが、この際に泡をしっかり立てることに注意しましょう。

ニキビの予防には洗顔料の泡をしっかり立てることが大事で、泡が弾力性のあるクリーム状にまでなると、細かい粒子が出来上がり、それが毛穴の中に入り込んで汚れをしっかり落としてくれる為です。

洗うときごしごしこすってはNGで、手は触れず、泡が転がるような感じで洗いましょう。

すずきは、肌に洗顔料が残ってしまうと、ニキビの原因になりますから、洗顔の倍の時間を目安に洗い流し、最後に乾いたタオルでこすらないように軽くたたく感じで顔を拭きます。






コメントは受け付けていません。