なんじゃこりゃ~「脂肪が落ちないパーツ」残念な印象に

背中に自分では気がつかない間に少しずつ脂肪が蓄積されてしまうことがあるんです。
人から思いのほか見られていてイメージを左右するのが後姿になります。

自力で確認することが中々できないので、気にすることが無いようなのですが、ピッチリしたTシャツの背中に、ブラジャーからはみ出してしまっている余分なお肉がくっきりとうつっていることが度々あります。

背中の脂肪に気づいてますか?

時間をかけてきれいにオシャレをしもこれでは台無しですよね。

脂肪が背中について、丸まって猫背になっている人もいるのですが、これはどうしても暗い、または老けて見えてしまいます。

その反対で若々しく見られる人は、姿勢がピンと伸びて、背中にだぶついた余分な脂肪が無くすっきりとしています。

さらには余分な脂肪が背中についてしまうと、腰痛や肩こりの原因にもなりかねません。

一度背中に脂肪がついてしまうと、背中の場合は手や足のように動かすことが少ないのでなかなか取ることが出来ないのです。

背中に脂肪をつけないの為には、日頃より背筋をシャンと伸ばして姿勢よく歩くことが重要になります。

常日頃から背中を意識することで、脂肪がつきにくくなります。

まとめ

一度ついてしまった背中の脂肪はなかなか取り除けません。

背中を伸ばしてテキパキと動けば脂肪が背中につくのを防止できます。

日頃の仕事や家事をするときなどにも意識してみましょう。

 

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。