げっ…ファンデで隠せない「毛穴のメカニズム」のお話

生き物の皮膚に見受けられる小さいな穴のことを毛穴と呼びます。
そうした穴から毛が生えるため、毛穴という名があるのです。
毛穴は皮脂を分泌する穴でもあります。


この皮脂は、人間の皮膚の表面を覆うことで水分を維持しているといった役割を持っています。
皮脂は毛穴に溜まって放置されると角栓となってしまうので毛穴を塞ぐようになってしまい、毛穴本来の機能が低下してしまうのです。
顔の肌が薄いため、毛穴がいったん開くとその毛穴ばかりが目立ってしまう結果になるのです。
汗を多くかきやすい夏の季節などは、皮脂が多く分泌されます。

普段は引き締まっている毛穴がだんだんと開いていきます。
寒くなる季節が来ると、毛穴は再び引き締まっていくのです。
これをずっと繰り返すうちに、毛穴が開きっぱなしの状態となり、元の状態に戻れなくなる、ということも見られます。
毛穴の開きには、歳をとっていく事も関連があります。
歳をとるとコラーゲンが減っていくため、皮膚は緩んだ状態になって、毛穴が開いたように見えるということになります。






コメントは受け付けていません。